Business card

印象的な名刺で差をつける

標準的な用紙を使って、企業名や肩書、名前や連絡先などを記したオーソドックスな名刺が適切なポジションもあります。しかし、インパクトの強い名刺を作ることで、新しいクライアントをゲットできたり、自分のスキルや仕事の実績を宣伝する手助けにつながることも少なくありません。名刺のデザインも然りですが、印刷する素材にこだわることで区別化も出来るのです。たとえば和紙風の用紙や半透明の素材などを使うと、人目を引きつける印象的な名刺に仕上がります。また、立体的な型押しがしてあったり、逆に型抜きを施すなどのアレンジを利かせることで、インパクトが強いデザインになるのです。
近頃ではPCやタブレットを利用して、自分自身で名刺のデザインをおこなう人も増えてきました。自分で描いたイラストやロゴなどを取り入れたり、キャッチフレーズを載せる人もいます。自作したデザインを元にして名刺を作成する場合の一般的な手順ですが、まずはデータを印刷会社に入稿することから始まります。メール添付や会社のHPからアップロードする方法でデータ入稿すると、印刷会社がそのデザインデータを元にして、名刺の完成イメージを作ってくれることがほとんどです。それを確認してから名刺の印刷に入ります。