Business card

名刺作成は伝わる名刺になるように作る

ビジネスの現場では名刺が必需品ですが、名刺はただ名前や企業名、連絡先といった情報を知らせるだけのツールではなくなりつつあります。名刺は自分自身のことを相手に伝えるための重要アイテムですから、その名刺がどのような印象を与えるかに十分に注意を払う必要があります。名刺作成の際には、自分のことをどのように伝えることができるか、それをしっかり考えるようにしてください。たとえばコンサルタントなら、保有している資格の一部を載せておいたり、それに関係するような背景画像が少し載っているだけでもプロフェッショナルな印象を伝えることができます。
また、ベンチャー企業なら、企業としてのキャッチコピーなどを載せていることもたくさんあります。名刺を作る時に失敗する例で多いのが、読みにくいデザインで作成することです。情報量が多いのはよいのですが、文字の大きさが小さすぎたり、文字の間隔が狭すぎる、周囲のデザインがうるさくて文字を視認しにくいなど様々な失敗があります。もしもデザインを自作する場合は、必ず客観的な意見を誰かに求めてください。客観的な意見を聞くことで、名刺の本来の目的を取り戻し、より効果的な名刺に作ることができるようになります。名刺は自分のことを伝えるツールですから、演出にこだわりすぎて伝わらない名刺を作らないように注意してください。